運気や厄年

空亡や厄年、暗剣殺の乗り越え方 その1

「空亡や厄年、暗剣殺の乗り越え方 その1」

 

 

ネガティブに思うと、余計ネガティブを引き寄せてしまうかも?

と分かっていても、

なんだか、最近調子がわるい。

運気が落ちてる気がする。

思うように物事が進まない・・・

と思う時期はあるのではないでしょうか?

 

 

そんなとき、もしかして?厄年では?と

占いや占星術で運気を見ることは多いと思います。

実際に、恋人との別れ、病気の発覚、仕事での役職の変化、

会社の都合による異動や雇用期限切れなど・・・

とくに、女性は、30代に2回も大きな厄年があり、

この時期に体調を崩されたり、大きな人生の変化に遭遇された方を

私もたくさん見てきました。

でも、この厄年もうまく乗り越えたり、

逆に開運につなげる方法があるのです。

誰しもがぶつかる厄年だからこそ、

それを有効にとらえてほしいですし、

怖がらずに乗り越えていく方法をお伝えしてきますね。

では、一般的に厄年といわれる年齢についてこちらに記しておきます。

 

ーーーーーー

男性(数え年)

25歳本厄(前厄24歳 後厄26歳)

42歳本厄(前厄41歳 後厄43歳)

女性(数え年)

19歳本厄(前厄18歳 後厄20歳)

33歳本厄(前厄32歳 後厄34歳)

37歳本厄(前厄36歳 後厄38歳)

 

(注意)こちらの年齢は、数え年といって、生まれた時を1歳と数えますので、日本の年齢の数え方でいえば、1歳引いた年齢と考えてください。

例えば、男性で今年の4月に25歳の方であれば、今年はすでにもう後厄の歳という意味です。

ーーーーーー

こちらの年周り的の厄年では、

年齢的な人生の節目やや体の変化や負担がかかりやすい時期と

言われている説が多いです。

たとえば、

男性の25歳は、

社会人として、世の中に出て、期待に沿えるように頑張る時期。

精神的にも肉体的にも、負担が大きくなり、体調を壊しやすい。

 

女性の19歳であれば、

体が女性らしく成熟して、子供も産めるような体になる上に、

社会へ出はじめて、社会と自己の確立や調整が困難になりがち。

自分に悩んだり、心や体に負担が大きい時期です。

 

30代の女性ですと、

出産後、子育てや家族のことが大きく、

自分の体や環境適応で体の疲れが出やすい時期。

いわゆる、気持ちと体への負担が大きく

生きるエネルギーである

「氣」が枯れてしまう、枯れやすいと時期だということです。

生命エネルギーが下がるといったらいいでしょうか。

それにはお祓いをしたりの

祓い清めがいいですよというのが

神社やお寺でのお祓いということになります。

氣が枯れていては、何をしてもうまくいきません。

心も体も清め、清々しくしていき、少しでも自分の本来のエネルギーを高めていくことが大切です。

それには、祓い清めのほか、

私は自然の中にいくことをお勧めしています。

なるべく、その土地の氣をいただき、お水を飲んだり、

森の中でフィトンチッドという森林からの癒しのエネルギーを沢山いただいてください。

また出産や、お店の開店など、

新しいものへチャンスをかけておおきくお金を使う(払う=祓う)、

エネルギーを出す(出産)というのも

1つ厄落としとも言われます。

実際に、私は32歳にしてサロンを開店、35歳〜36歳に出産しましたので、

ちょうど厄年の影響はあまり受けなかった気がしています。

 

ーーーーーー

 

そして、氣やエネルギーほかに、ちょっと別の意味があるのが、

その他の例えば四柱推命でいわれる暗剣殺や空亡と言われる

厄年です。

 

 

これらは、年周りの厄年のように、

体調や心におなじように気をつけるべき時期ではあるのですが、

深く読むと、また違う意味があります。

 

空亡 という言葉の意味を深く考えてみましょう。

 

空 が 亡(な) い になりますね。

「空」  は天にいる神々のことを指します。

「亡」  は、不在を表します。

ということで、この時期は

普段自分を見守って守護してくれている

神仏がいらっしゃらない時期ということになります。

この時期は、四柱推命でみれば

どんな人でも12年に2年間存在します。

 

 

あまりに動きづらい、

不幸が多い。

自分はついてない!

 

 

と感じる場合は、

普段は、守ってくれているご存在が

それだけいらっしゃったのだと

気づく時期でもありますね。

ただ、この時期をうまく乗り越えると

ちゃんと開運につなげることができます。

つづきはその2でまたお話ししますね。